どうして「特許貧乏」になるのか

特許を出願してから審査請求を行ない、特許として無事に登録されたら特許料を支払わなくてはなりません。特許の出願には、開発のために多くの時間と費用がかかります。特許が登録されても利用されなければ、特許料(年金)を払い続けなければならいのです。これは非常に負担となるもので、企業だけでなく個人においても経済的に負担が大きくなるものです。

これらの特許は、特許をとっても実施することができないものとされていますので、特許取得においては費用を掛けたわりには収益が得られないものとしています。そこで、特許貧乏となってしまうのですが、特許が実施できない理由としては個人の場合、実施のための資金が不足していることが上げられています。また、企業においても実施しても利益が見込めないことから、その効果が得られないとなっているのです。

このように利益が上げられない特許をもつと特許貧乏を招いてしまうことになります。特許取得のために必要な費用としては、主に特許出願のための費用、出願審査請求の費用、設定登録のための費用、特許権の維持費用が必要とされていますので、特許一つ当たりにかかる負担は大きなものとなるのです。

思いつきのアイデアはキケン?

利益を生まない特許は、「金食い虫」を飼っているとよくいわれますが、個人の出願においては特に問題となることでしょう。出願した特許が価値あるものでビジネスとなるものでないと「特許貧乏」となる確率が高くなるとされています。「特許貧乏」になりやすいのは、客観的な評価がないことや製造や販売を考えない思いつきのアイデアを多く出願していることが原因とされています。

そこで、特許を実施することで売れる商品となるのかという特許の価値を評価することが必要となるでしょう。それでも中には、将来的に価値をもつものがありますので、よく見極めて出願することがよいとされています。

なお、企業では他者に対抗したり、第3者やライバル会社に特許を取得させないために休眠特許を多くもつことがあります。その休眠特許の中には、実施しても大企業では収益が得られないことから休眠している特許がたくさんあるとしています。

近年、それらの特許において収益が発生できるように検討が行われているようです。休眠特許については開放特許とすることによって中小企業に実施してもらい、そして企業は実施料を得るということが検討されるようになっているのです。