特許申請について Fタームとは

日本ではたくさんの特許が申請されていますが、申請されたすべてのものが特許として認められるわけではありません。特許では同じものを申請してしまうと、無駄な費用の支出や発明のために費やした時間などが無駄になってしまいます。

特許の申請する際には、同じものがないことをよく調べる必要があるとされています。検索方法には、特許公報を方法とデータベースを検索する方法がありますが、広報によって調べた場合は、非常に手間がかかることから見落としなどが起こることも考えられます。そこで、コンピュータを利用したデータベースで調査することがよいでしょう。

データベースによる検索では、IPDL特許電子図書館で探すことになりますが、中でも特許庁の審査官が利用してきたFタームによる検索ができるため、国際特許分類では区別できない特定の技術分野について検索することができるようになります。Fタームの利点は、国際特許分類では検索しにくい技術の用途や製造方法、目的、材料から検索できることにあるため、検索したい特許に関するものを絞り込んで抽出することを容易なものとしてくれるようになります。

便利なシステム

Fタームは、便利な機能として特許出願する人にとっては非常に重宝するようになるものです。この検索方法によって国際特許分類によらなくても必要とする特許を詳しく調べることができるようになります。またFタームは複数の観点から検索することができる機能であることから、異なる方法から情報を得やすくすることができるようになります。

観点を変えることによって特許の狭い範囲の情報を絞り込みことが可能となるため、特許申請においては、より正確な情報を抽出することができるのです。これは、特許申請において確実性を高めてくれることになります。このFタームは、日本独自の検索方法として機能するものであることから、国際特許分類とは異なるものとして利用されるようになっています。

このFタームは、特許電子図書館によってデータベース化を可能としたものです。それまで利用が大変であった作業をより簡単なものとしてくれた検索システムとして活用されるようになったものです。